当サイトの記事には広告が含まれます

N-VAN センターハブ防錆塗装編

スチールホイールがデフォみたいなN-VAN。いにしえの純正センターキャップが人気のようですが、ワタクシ、それが苦手なんです。すると目立つハブのサビ・・・・・。組み付け精度、ナットの締め付け精度が要求されるのでしょうね、ほとんどのクルマは表面処理はされておらず生鉄のままです。結果、サビてくる訳で。まぁ、機能的な面ではサビても問題なしなんでしょうけど。

 

サビをワイヤーブラシやスポンジ研磨シートで根気よく落とします。ブレーキローターも塗装したいけれど、またの機会に。

 

パートナーのセンターハブを防錆塗装したときのダンボールマスキング治具の出番です。安価なスペーサーでもいいかも。風は吹いていないので横着して最小限のマスキングで。

ブレーキローターを手で回しながらローバルで塗装します。塗りムラなんて要求される箇所でもないためホドホドで。

ボディは洗車前のドロドロに汚れているくらいの状態がベストです。汚れでボディがコーティングされているため、もし多少の塗料ミストがボディに付着しても洗車すればダイジョーブ。

 

リアはサイドブレーキを解除するとドラムを簡単に取り外すことが可能なため作業性がいいですねぇ。でも、この状態でうっかりサイドブレーキをかけたりしないように注意が必要です。

 

うん、いい感じ。整備されている感がグッと出る訳です。防錆塗装直後はシルバー感が強めですが、時が経つにつれ亜鉛めっきと同様の色調に落ち着きます。